ビルクリーニングのフランチャイズ

今熱い!ビルクリーニングのフランチャイズのまとめ!


こんにちは!
最近は朝も冷え込んでおり、体調を崩しがちです。

こんな時こそ、フランチャイズの話題で熱く盛り上がりましょう!!!

今回はビルクリーニングのフランチャイズについて、フランチャイズの基礎から、なぜビル清掃・ビルクリーニングがオススメなのかという実践向きの情報まで、とうとうと述べたいと思います。

フランチャイズってそもそもなんだっけ?

ここは考えても仕方がないのでサクッと引用します!

フランチャイズ(FC)とは、加盟店が事業本部とフランチャイズ契約を結ぶことで、商標・チェーン名称、商品、ビジネス・経営ノウハウ、技術サポート・研修が全て一体となった「パッケージ」を得ることができるビジネスです。
引用:店舗デザイン・内装工事マッチングサービス SHELFY

フランクに噛み砕いていうなら、「事業したいけど、ノウハウとアセットがない人向けのビジネスモデル」です。

ノウハウ・・・?

アセット・・・?

もう少しわかりやすくしましょう。

例えばコンビニエンスストア。

コンビニ業界最大手のセブンイレブンでは、フランチャイズ:直営店の比率が約3:1の割合になっています。(参考:コンビニエンスストア−セブン&アイ・ホールディングス

極論お金さえ手元にあれば、本部から丸っとセブンイレブンの1店舗を任せてもらえるということなんですね!

なんとなくイメージは付いたでしょうか。

しかしフランチャイズと聞くと「儲からなさそう」「大変そう」といったネガティブなイメージが出てきます。

でももし、「きつくない」「儲かる」フランチャイズがあるなら、興味が湧きませんか?

結論としては、「きつくない!」「儲かる!」のが、ビルクリーニングのフランチャイズ

では本論。
ここからは、ビルクリーニングのフランチャイズがいかに素晴らしいか説明したいと思います。

例えばビルクリーニングのフランチャイズでも、「本部がブランドを提供し、オーナーがロイヤルティを支払う」という大枠の仕組みは同じです。

では、他のフランチャイズと比較した場合のビルクリーニングの特徴はなんでしょうか?

私が考えるに、以下の2つが挙げられます。

  • 開業までの敷居の低さ
  • 安定した収入

それぞれみてみましょう。

ビルクリーニングFCの特徴1:開業までの敷居の低さ

開業までに敷居が低いとは、以下2点に集約されるでしょう。

1:資金さえあればすぐに始められる

アセットとノウハウが蓄積されているフランチャイズとはいえ、開業までに資格が必要だったり、店舗を開業する書類の準備が必要だったりする・・・つまり準備に時間がかかるものがあります。

しかも店舗を持つ必要がないので、ビルクリーニングのフランチャイズは一般的に低賃金です。

2:スキルがなくても自分でできる

基本的にはどのフランチャイズも未経験から始めることができますよね。

ビルクリーニングだと「機材の扱いは大丈夫かな」「掃除用具がたくさんあって覚えられないんじゃないかな」など不安に思うことはあると思いますが、安心してください。OJTがあります。

つまりは本部の社員さんが一緒になってみてくれるということです。

なんとなくわかるでしょ、という分野より全くの未経験の方が逆に吸収も早いし、教える方も「わからないだろう」という前提に立って教えるので効率が良いかもしれません。
参考:ビル清掃業の独立開業 起業のコツ!!

ビルクリーニングFCの特徴2:安定した収入が得られる

ビルクリーニングの中には「売上保証」を銘打っている本部もあります。
これは要するに、営業をかけなくてもいいということです。

車を使った外回りの営業、飛び込みのテレアポなど、考えただけでも「うっ」となる種類のフランチャイズもあります(結局収入源って物やサービスを販売することですからね)

そういう意味では体力的に心配がある人や、対人能力のスキルはそこまでない人などにもオススメできるフランチャイズがビルクリーニングです。

とはいえ「そんな安定した注文なんて入るの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。
確かにクリーニング自体は長期契約ですので、更新時に再契約を結べなければ失注したということになります。

しかし安心して下さい。

ビル清掃・ビルクリーニング業界の市場規模は4兆円とも言われ、掃除する対象は履いて腐るほどあります(失礼)

したがって営業先の枯渇はそこまで気にしなくていい問題であることがわかります。

ビルクリーニングが大変なところってなんだろう

ここまでビルクリーニングフランチャイズのいいところを中心に見てきましたが、その情報だけで激推しということはいえないと思います。

物事には正の側面もあれば、負の側面もあるからです。

実際ビルクリーニングのフランチャイズをするならここに気をつけるべき、というポイントをたった1つだけお伝えします。

それは「掃除は社会にとって必要不可欠である」がゆえに、あなたの働きぶりに対して、わざわざ呼び止めてまで感謝してくれる人はいないかもしれないということ。

「綺麗であることが当たり前」を求められる環境で、コンスタントに成果を出すことが求められます。
もしかするとビルクリーニングは「縁の下の力持ち」タイプの方がうまくいくのかもしレません。

ただし、ネットでは以下のようなやりがいも聞かれました。

「直接お客様から感謝される事です。あなたに頼んで良かった!とか本当に綺麗になったね!とか直接褒められるとすっごく嬉しいし、充実感があります。これが、この仕事のやりがいでもあり、魅力です。」
引用:ビル清掃業の独立開業 起業のコツ!!

実際エンドユーザーには感謝されなくても、直接のお客様には感謝される可能性があります。

結局オススメってなんだったのか:全てを兼ね備えたスーパーフランチャイズ本部があった

これまでのお話を整理します。

  • 安定していて
  • やりがいが感じられて
  • 未経験からでも大丈夫

これが「ビルクリーニング」ですが、この条件に加え、「売上保証」がついている本部があります。

その名も【Builds(ビルズ)】です。

売上保証の仕組みは先述した営業スタイルからきています。
マイナス資産を計上することが多い1ヶ月目から安定収入を得ることも夢じゃない??

まだまだ目が離せないビルクリーニング業界でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です